子どもの性別により親子の行動パターンが決まる?

親子癒しセラピストCHIEです。

夏休み真っ盛り。

ママは大変です😭😭😭

世のママさん達、大変のお疲れ様です。

こう言われると余計に疲れると思うので、言い方を変えますね。

お喜びさまです

どなたかの本に書かれてました。

他者へ喜ばれることをしてるんですものね。

この言葉もどんどん拡がっていくといいな。

『お疲れ様です』の言葉は、貰ってもなんだかスッキリしない。

私個人でも波動的に気になる言葉です。

さて、夏休み特有の子どもの宿題。

我が家は、毎日声掛け行ってるところです。

でもしないな。素直にやってくれない。

時間が沢山あることに、ウチの子は、宿題をやりながらも、あれやりたいこれやりたいと妄想を膨らましてるんだろうなと思います。

宿題いやいやながらしてます😂

明日は地元の祭りがあって、月曜日からまた遊びにも連れて行ってやろうと予定しているところです。

ホテルにもお泊り行く予定で、何とか早めに宿題を終わらせたい。

しかし子どもは目の前のこと、今しか目に見えんのですよねー。

先日、図書館に行った時のこと。

小学生の女の子たちが、図書館の玄関近くの外でお弁当を食べてるところを見ました。

恐らく、開館と同時に親に送ってもらうなどして、弁当も食べて、帰りに迎えに来てもらってるのだろうと思いました。

女の子はなんていいんでしょーと感じました。

女の子は団体で、しっかり物事を順序立てて考えて行動が出来ます。

男の子は、なかなかですね。

目の前のことしかできないし、またそれも出来ないことがほとんど。

頭にある狙ったことをどうにかやりたい気持ちでいっぱいにしている。

性別により、全く考え方も思考も違うなーと思いました。

そして館内には、低学年の男の子と一緒に座る女性の姿をチラホラと発見。

何やらママさんが、子どもへ宿題の指導をしている様子でした。

性別により、親子の行動パターンも決まってしまうのか。。。

 

まだまだ長~い夏休み。

ママさんたちも沢山自分にご褒美上げながら、夏を乗り切りましょー😆😆😆

無理しない無理しない。

 

子育てのお悩みをどんどん解決するメニューはこちらをクリック★

 

賢く優しい子に育つ8つの魔法

子育てが楽しく楽なものへと変わる8つの魔法を無料でお届けします。必ず手に入れて下さいね。