暴力・暴言を吐く子どもの本音

こんにちは😃

親子癒しセラピストCHIEです。

昨今、子育ての悩みは多様化してます。

一昔前とは違った子育ての悩みが多いです。

一昔前とは、私たち大人が子どもだった時の時代。

その時代は、子ども同士のケンカも沢山ありました。

ウチの直ぐ近所は、別学校の子どもたちが地域に住んでましたので、地域同士のケンカも沢山ありました。

その子ども達が、狙って打った玩具の鉄砲の玉が体に当たり、痛い思いをしたのを覚えてます😂

 

昔と比べて子育ての問題が多様化しているのは、子どもたちの感じる感じ方が全く違ったものになってるからなのです。

昔、ケンカが多いことに、ある程度耐えられることもできていたのですが、今は、子どもたちの感性もとても繊細。頭脳レベルも全く違うと感じます。

色々なことを繊細に感じ取っていたり、賢く行動できる子たちが増えてる感じがします。

そういった面では、子ども達の方が大人の様に見えたりすることも多いです。

大人に変わって欲しくて、逆に大人を成長させる目的で行動起こしてることも多々見受けられることがあります。

暴言や暴力について。

これらは、子どもたちの内面意識に不足感があるために起こることです。

自分自身が満たされないと、他者へ暴力をふるってしまいます。

暴力は、言葉で詳細に、自分の気持ちをに伝えることが苦手であったりすることから暴力という形で、自分の感情を吐き出してしまうのですが。

暴言もこれも同じく感情面での不足感が原因です。

子どもの性格により、表現方法が暴言であったり暴力であったりと違うだけかもしれません。

親から愛されているという確信、信頼されているという確信を持った子どもは、子どもの気持ちを十分に満たし、愛の元で生きていく指針を自分の中で創れます。

しかし、愛情が不足してしまうと、暴力・暴言という形となって、子ども自身が自分の気持ちを分かって欲しいと発信してしまうのです。

これを見逃してはいけません。

親の良かれと思ってやってる行動でも、ただ単に、甘えやかしとなる場合もあるので、子ども自身がどう感じてるのかに気を付けてみていきたいものです。

 

子育てのお悩みをどんどん解決するメニューはこちらをクリック★

 

 

賢く優しい子に育つ8つの魔法

子育てが楽しく楽なものへと変わる8つの魔法を無料でお届けします。必ず手に入れて下さいね。