顔パスで2歳の子が入れるところ

親子癒しセラピストCHIEです。

こんにちは(^^)

0歳の赤ちゃんと2歳の子どもがいる妹の元へ、お手伝いに行ってきました。

しかし、2歳の姪っ子ちゃんですが、鼻水のゼイゼイありで辛そうだったので、痰を取ってもらうため、耳鼻科へ連れていきました。

受付の方に行くと、姪っ子ちゃんの顔を見るなり、「あ、○○ちゃんね、今月受診あったから大丈夫です~」とのスタッフさんからの話し。(保険証、カード要らないとのことなのねと私は判断)

姪っ子ちゃんは顔パスなのね、と思ったのでした。

まだ2歳なのに、病院の顔パスはね~と気になったCHIEさんでした。

妹の住まいは少し離れているので、サポートできる範囲は限られるのですが、『う~ん、ちょっと病院通いは、減らしたいな』と思いました。

小さな子どもはほんとに風邪を引きやすく、保育園に行くことで、色々な病気も貰ってしまいます。

耳鼻科の患者さんもいつもとても多くて、待たされることも多く、大変だなぁと思いました。

吸入器の口の方を自ら、慣れた手つきで持っていた姪っ子ちゃんですが、後半になると、目前の玩具に夢中で、吸入器の口の部分を口で加えて両手は、玩具を操作していました╭( ・ㅂ・)و慣れ過ぎですっ。

小さな子ども達がいるのは、ホントに大変です。

でも赤ちゃんを見ると、また欲しくなる私でした。

赤ちゃんのしゃっくりが止まらなくて、ヒーリングを流したら、直ぐに笑顔になってくれて、わぁ、喜んでくれてると思いました。

子どもたちは高次元との繋がりが深いです♡

また新たな発見!いまの赤ちゃんたち世代は、どんな新しい遺伝子を持って生まれてきたのでしょう。

目を見ても、遠い惑星から来たような、そして、強い意志が感じられました。

赤ちゃんとは、言葉で話さなくても、意志で通じる時がありますので、機会のある方は、是非、以心伝心されてみてくださいね。

 

子育てのお悩みをどんどん解決するメニューはこちらをクリック★

賢く優しい子に育つ8つの魔法

子育てが楽しく楽なものへと変わる8つの魔法を無料でお届けします。必ず手に入れて下さいね。