医者から見えるスピリチュアルな世界

最近はインターネットから沢山の情報を得ることが出来るようになりました。

しかし、どのようにアンテナを張っておくかで、入ってくる情報も違ってきます。

『医者から見るスピリチュアルな世界と食事』の本は、本当にそうだと腑に落ちる内容の本です。

色々な人生があるけれど、行き着く所はみんな一緒。

私たちはスピリチュアルな生き物なので、結局、そこにたどり着く。

スピリチュアルを意識した子育てだと、総合的なスピリチュアルな意識の目覚めも早いです。

色々な角度からスピリチュアルな解釈が出来てきます。

信じる、信じないは人それぞれ。

動物を食べてはならない。

人が食べれるのは植物だけ。

そんなことを、以前どこかの本で読んだことがあるけど、この本にもそういったことが書いてあります。

お子さんの想いと体を創るのは、大切な食事から。

それ以外、他にない。

今は元気で病気してないからと、食事に特に気遣いもせずにいると、お子さんの感性が鈍感になってくるそうです。

感性は感情ですから、人を思いやる気持ち、他者を思いやる気持ちが欠けてくると言うことですね。

そうすると、もちろん自己愛にしても反応が鈍くなってきます。

何のために生きるのか、ということに関しても分からなくなってくるのです。

子どもたちの心や体はとても繊細であり、外部のストレスやエネルギーに作用されやすいです。

なので、安心・安全な食べ物を提供できると良いですね。

病気は、一日二日で発症するものではありません。

食べた物が継続され、三年、五年、それ以上続くといつか体に限界がきて一気に発症してしまいます。

 

昨今、スピリチュアルな医師は、他にも有名な方がいます。

臨床医の 矢作直樹先生

精神科医の 越智啓子先生

整形外科医の 松久正先生

元産婦人科医の 池田明先生

他にも針治療をされている先生、カイロプラクティックの先生など私の知る限りでも結構います。

行き着いたところがスピリチュアルな世界で、目に見えない世界を癒しながら、患者に関わっている医師が多くいます。

これで人生最後、と今世で生まれ変わりが終了する医師も多いです。

人々に意識の覚醒をもたらすことを使命として、この地球に降りたとご自身の使命を確信されながら、一日一日を丁寧に生きてる方がおられます。

どう子育てしていったらよいのか分からない、という方は、スピリチュアルな子育てがお勧めです。

その方が、人生の目的を達成するには早いです。

 

子育てのお悩みをどんどん解決するメニューはこちらをクリック★

 

 

賢く優しい子に育つ8つの魔法

子育てが楽しく楽なものへと変わる8つの魔法を無料でお届けします。必ず手に入れて下さいね。