あなたのお子さんを守るために優先すべきこと

こんにちは(*^^*)

親子癒しセラピストCHIEです。

今日はヒーリングのお勉強のためのスクール受講に必要な本を探しに本屋を回ってきました。

そしたら、興味のある本が視界に入ってくる入ってくる。

(以前から気になってたものも)

結局合計7冊の本を買ってしまった(必要なのは3冊)(・∀・)

 

あなたのお子さんを守るために優先すべきこと

お友達と最近話していたこと。

私たちは、食べ過ぎるという話し。

お友達は1日、2食と言ってました。

3食から2食に変えてから、時間が作れるようになったこと。2時間も時間を作れるようになったと言っていました。

1日3食のあの神話は崩れようとしているかもしれません。

何故なら今、ダイエットの話しでどこでも持ちきりですね。

ダイエットを促す商品もほんとに沢山ありますが。

私たちは、食べなければ体重が増えることはありません。と私は思います。

このブログを読まれてるあなたは、お子さんがいると思います。

一応お子さんは、1日3食は摂ることが望ましい(成長過程のため)です。

でも、今の子どもたちは、遺伝子レベルで私たちの遺伝子とは既に違う遺伝子になってるそうです。

食事を摂る量が極端に少なかったり、そして食べない子も多いと聞きます。

無理せずに、その子にあった食事の方法でお勧めします。

さて、大人はこれ以上成長はしません。。

なら、1日1食でも大丈夫なのです。

大人は食べ過ぎてしまう。そして、動かない。

だから、エネルギーが蓄えられてしまう(私も人に言えないのだけど)。

この前、2日間の断食しましたが、食べ過ぎることの意味が分かりました。

そして、断食の必要性も分かりましたので、またトライする予定です。

話しが、タイトルとそれてしまったので、タイトルを頭に入れながら書きますね(;’∀’)

食べ過ぎると言っても、飽食時代になってしまうのは当たり前なのかなぁと思いました。

私の住む沖縄でも、歩いて3分ほどのところにコンビニがあります。

沖縄は車社会なので、あまり、距離に関しては問題がないのですが、コンビニが良く目に入ってきます。

だから、誘惑でコンビニに入ってしまうのも仕方のないことなのかもしれません。

スーパーやコンビニや、食料が売られている場所は直ぐに目に入り、私たちはいつでも食料を手に入れることが出来ます。

先日、あるスーパーへ行って驚いたのですが。

中に入って、お野菜を探したのですが、新鮮なお野菜が何だか少ない。

どんどんスーパー内の食材などを見回しても、パッケージされたもの、缶詰類、レトルト食品、缶ジュース、パックのジュース類の多さに気付いたのです。

少し驚きました。

そのスーパーは、他のスーパーに比べて結構割安な商品を沢山扱っています。

新鮮野菜がかなり少ない。旬のものがほとんど置かれてないから、安くで冷凍食品など提供できるのだろうかと思ってしまいました。

そして何だか怖いな、とも感じました。

私の子どもの頃は、小さな八百屋さんが近くにあって、お野菜など豊富に置かれていた気がする。

小さなお店だけども、新鮮なものがたくさん置かれていた記憶が残ってます。

ほんの少し前とは全く違う世の中になったなぁと思いました。

同時に、口に入れる安心・安全な食べ物が少ないとも感じました。

今後は医療費も増加傾向とのこと。

17年後には、3人に1人の割合で超高齢化社会を迎える日本です。

病院は高齢者で溢れかえってしまうのか、それとも簡単に病院受診できない日がやってくるのか、今とは違う世の中になることはなんとなく感じられます。

お友達のお母さんでも、認知症があるにも関わらず、要支援の判定で適切な介護が受けれない、とのこと。

(介護のために)自分の時間も持てないと嘆いていました。

今がこの現実。

この先どうなるか分かりません。

私たちが子どもを守るために今から出来ることは、子どもたちが病気にならない健康な体を維持する環境を整えていくこと。

病気は直ぐになるのではありません。

大半は、日頃の生活習慣から来るそうです。

生活習慣は、食べ物や運動等ですね。

食べ物は日頃から食べてるものが体に蓄積されていきます。

添加物、農薬などの多量に含まれた植物、遺伝子組み換えの食品、これらのものを、分かる範囲で、除去できるものは除去していき、なるべくオーガニックなものを体に入れていきましょう。

子どもを守るために優先すべきことは、子どもの健康維持です。

今は健康でも、この先もずっと健康でいられるように、食事に気を付けて行きましょう。

食品を選ぶときに、食品の裏を見て、カタカナ文字の多いものは選ばない。なるべく少ないものを選ぶ。

そして、カタカナ文字の外食などを控えるようにしましょう。

私もイタリアンは大好きですが、小麦粉などは、消化にあまりよくないらしいです。

また、お米、パン、麺類と違う穀物を同時に摂ることも消化に悪いそうなので、気をつけましょうね。

パン類はやっぱり太りやすいです。

朝食をパンで済ませている子どもは、お米に変更した方が良さそうです。お米は、腸にも優しいですね。

和食が一番日本人の腸に合う食べ物です。

腸が健康であれば、子どもの健康維持にも繋がります。

 

子育てのお悩みをどんどん解決するメニューはこちらをクリック★

 

 

 

 

 

 

賢く優しい子に育つ8つの魔法

子育てが楽しく楽なものへと変わる8つの魔法を無料でお届けします。必ず手に入れて下さいね。